弁護士と“クライアント(依頼者)との協働作業”の内容:札幌の弁護士が企業側・経営者側の対応・心構えを相談・アドバイス

Q.弁護士の仕事は、“クライアント(依頼者)との協働作業”とのことですが,企業法務の案件の場合,私共経営者は、どのように弁護士と処理していくのでしょうか。

 

A.企業法務というと,依頼者である経営者・管理者と弁護士の,それぞれのプロフェッショナル知識・スキル・感覚一体化させなければなりません。

ここでは、“弁護士との協働作業”について、お客様の側からの経験談をご紹介して、そのイメージを抱いていただきましょう。

〇建設業・管理職・男性(65歳)「事案の望むべき解決には、弁護士と依頼人との信頼関係が必要不可欠」

事案に対しては、客観的事実を積み重ねていくことが、とても大切です。しかし、そのために時には、自分を裸にする勇気が求められます。
これまでの、ものの見方・考え方が否定されることもあるからです。これを乗り越える事で、初めて弁護士との信頼関係が強固なものとなりました。乗り越える原動力は、弁護士との間に目的を確認し、相互の信頼を熟成しつつ、弁護方針を立てていく協働作業でした。

法廷で「勝つか、負けるか」「どんな負け方にするか」「そのためにはどんな資料(証拠書類など)が入手できるか」などについて、忌憚のない意見交換の積み重ねが、弁護士への信頼を深めていきました。
相互の信頼を確立するうえで、情報の共有は最も重要です。隠さず、飾らず、自分を偽らず情報を提供していくことが、自分の望む解決策に近づく事になりました。

長時間のダラダラした印象の法廷でしたが、前田先生のご助言の下で、貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。

また、“相性”の良さも、思いのほか、「勝つ」ための重要な要素となります。

〇建設業・会社代表者・男性(51歳)

いつもお世話になっております。私にとって一生忘れる事の出来ない事件-あれからもう10年がたちました(この方は、私が顧問弁護士となる前に、違う弁護士と顧問契約をされており、その弁護士に、降って湧いた刑事事件の弁護を依頼されていました。)。

保釈後、自分を取り巻く環境があまりにも変わってしまった事に驚き、又、周りの殆どの人達が、会社存続が不可能と考える中、私自身は自分の状況すらもまともに判断する事も出来ず、五里霧中の毎日でした。
そんな私に一言、先生はおっしゃってくれましたね、「給料を貰えるのであれば会社を続けてみればいいのじゃないか…」と…。
前に一歩も進む事の出来ない私に半歩でも踏み出す勇気をくれた一言でした。
あの時の先生のあの言葉がなければ、周りの意見に従い、会社整理という方向へ向かっていったのかもしれません。
辛い事ばかりの10年でしたが、今は本当に感謝しております。ありがとうございました。

弁護士さんもいろいろです。
三者三様の弁護士さんがいらっしゃる中、前田先生の様に依頼者の気持ちになって、何事も一緒に考えてくださる弁護士さんに出会えた事は、私の一つの財産であり、これからも私の強い味方であると考えています。
ただの法律家ではなく、親身になってアドバイスをくださる前田先生に、只々感謝。

そして、くつろいだコミュニケーションも大事です。

〇介護福祉・施設長・女性

ある日、思いがけない案件が発生し、前田先生の事務所にお伺いしました。
その時に、「依頼者と協働作業でやらなければ良い成果は得られない」と先生がおっしゃったことを覚えています。どんな些細なこともお伝えしなければ、現場の状況は分からないと思い、私は出来る限りの情報をお届けしようと思いました。
先生への電話、法廷でお留守の時はメール、FAX等で連絡を入れました。
色々な方法で連絡を入れましたが、先生は何時も必ず、それに対する返事を下さいました。又、打ち合わせの際も、案件以外の雑談の中からも、先生は何かを感じ取って下さり、案件へ結びつけてくださいました。私の話の中から、何かを汲み取る感性には、いつも感心しました。素人の私の見る観点と、違う事を痛感しました。

初めての記者会見や、法廷への出廷、不安と緊張の中、先生に助けて頂き、何とか乗り切る事が出来たと思います。色々な困難や様々な事柄に、逃げ出したくなったこともありました。でも「協働作業」の言葉を思い出し、何とか頑張ることができました。

以前の職場でも、弁護士に依頼した案件がありましたが「協働作業」にはならず、質問にも答えが得られず、苦労したことがありました。
前田先生への、私からのラブレター(連絡用のFAX)綴りは、莫大な量となって残っています。お忙しい中、それを全て見て下さり、回答を頂いた事に感謝しています。

これらの声は、ごく一例です。皆さん、それぞれが個性を持ち、経営に対する独自の考え・思いをお持ちです。

もう少しだけ、弁護士とクライアント(依頼者)との協働作業を体験しくださるお時間がございましたら、こちら >>  をどうぞ。

もっともっと事例をということであれば、こちら >> をどうぞ。

Address

札幌市中央区南1条西11-1コンチネンタルビル9階地下鉄東西線「西11丁目駅」2番出口徒歩45秒

Phone

0120-481-744

弁護士 前田 尚一 公式サイト© 2021 All rights reserved.