福利厚生の一環としての弁護士活用法・『弁護士による従業員支援プログラム(EAP)』:札幌の弁護士が企業側・経営者側の対応・心構えを相談・アドバイス

Q.福利厚生の一環として,弁護士を活用して従業員との関係を強固にする方法があると聞きました。そのような方法を提案してください。

 

A.『弁護士による従業員支援プログラム(EAP)』(従業員がプライベートで抱える法律トラブルから従業員を解放してあげる弁護士活用法)をご紹介しましょう。

企業が,人材の生産性向上を図る上で従業員との信頼関係を強固にするための福利厚生の一環として,従業員がプライベートで抱える法律トラブルから従業員を解放してあげることによって,従業員のメンタル不調を解消する方策をご説明いたします。非紛争の場面での弁護士活用法です。それは,「従業員支援プログラム(EAP)」です。従業員のメンタルヘルスを通して、職場内または個人の問題を支援します。アルコールや薬物によって業務に支障をきたす事例が多いアメリカで発祥しました。

全国的に見ると,弁護士業界でもEAPを積極的に業務化する事務所が現れています。メンタルヘルスの法律問題というと、長時間労働やパワハラを要因とするメンタル不調などが議論になりがちですが、経営者は,もっと広く深い視点を持つべきでしょう。

詳しくは,『弁護士による従業員支援プログラム(EAP)』をご一読ください。

Address

札幌市中央区南1条西11-1コンチネンタルビル9階地下鉄東西線「西11丁目駅」2番出口徒歩45秒

Phone

0120-481-744

弁護士 前田 尚一 公式サイト© 2021 All rights reserved.