札幌市中央区南1条西11-1コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「西11丁目駅」2番出口徒歩45秒

Home

『法律』は、弱い者の味方をするのではなくて、“ 法律を知っている者に味方する!!”

札幌弁護士  前田 尚一の理念

自分を弱者であるとか、被害者であると頑固に言い続けるだけでは、決して事態を良い方向へ変えることはできません。

法律がどういうものかを知り、スキームを組み立てアプローチの方向を適切に見極めないと望んだ結果を導くことはできないのです。
急いで勉強しても、ブラックジャックのように自分で自分の手術をすることができないように、法律問題・法定トラブル・紛争もまた、実力を備えた弁護士に依頼しないと実現しないというのが現実です。

それが、私が30年を超えて、これまで『法律』と関わって来ての正直な実感です。

そして、それを実現するためには、
『弁護士』の仕事は、“クライアント(依頼者)との協働作業”である、と考えています。

私は多くの人が知らない「どうしたら法律を味方につけられるのか」ということをできるだけ多くの人に伝えながら、多くの人の利益を守っていきたいと考えています。

このサイトでは、当事務所の取り扱ってきた多数の事例とその“キモ話”のほか、一連のHPやメルマガで敢えて取り扱ってきた“玉石”の話題に加え、タイムリーな事案・法律の解説などを現在進行“ING”で発信していきます。

法律を味方につけるには?

『法律』は、弱い者の味方をするのではなくて、“ 法律を知っている者に味方する!!”
私は、弁護士を天職と考えています。多くの人が誤解している「どうしたら法律を味方につけることができるのか」ということについて正しい考え方・見方、行動の仕方を発信しながら、多くの方々の利益を守っていきたいと考えています。
開設した専門分野に特化した複数のHPでは、各所で多種多様な多数の事例などを紹介しています。
企業事例はもとより、離婚・相続、落とし物から、引っ越し、契約・売買・賃貸借・プライバシー・名誉・ハラスメント・交通事故などなど、読み物として面白いだけでなく、貴方を助ける知恵が沢山詰まっています。下記から是非どうぞ。

 分野別専門サイトのご案内 

 解決の実績・実例 

 お客さまの声 

弁護士に相談してよいか迷う?!

「法律」を知らないために、諦めてしまったり、長い苦渋を受け入れてしまっていることが往々にしてあります。
ご相談案件の中には,弁護士に依頼した方がいい場合もあれば、そうでない場合もあります。
しかし、そ重要なことは、弁護士の説明で自分の置かれた状況をご自身なりに把握することです。
法律の専門家でなければ、そもそも法律問題が発生しているかどうかさえ確認できないことが多いのです。
しかし、一定レベルの弁護士に相談すれば、法律問題の存在・内容を明らかにすることができます。
弁護士に相談したからといって,依頼しなければならないわけではありません。ご遠慮は無用。不安,悩みがあれば、まずはご相談され、一歩踏み出しましょう。

 法律相談の手順と内容 

弁護士の選び方は?

実力不足の弁護士はもとより論外ですが、あなたの相性の合う弁護士であることが一番のポイントです。
『弁護士』の仕事は、“クライアント(依頼者)との協働作業”です。あなたと言葉が通じコミュニケーションがとれる弁護士を探さなければなりません。
とにかく弁護士と会ってみなければ始まりません。弁護士により得意不得意の分野もさまざまです。HP等の実例等も判断材料になるでしょうが、まずは、何人か会って話をしてみることをお勧めします。
なお、私についていえば、勝ちにこだわり、場面によっては、「徹底して闘うこと」を重視しています。
企業経営に弁護士の活用を考えている方、顧問弁護士に関心のある方、現在の顧問弁護士としっくりいっていない方は、次の記事もご覧ください。

 顧問弁護士の賢い選び方 

 セカンド顧問の活用 

 企業法務ピンポイントレッスン無料メルマガ 

 前田尚一法律事務所の顧問契約の特色 

PLOFILE

日本弁護士連合会登録 登録番号:21066
札幌弁護士会所属 第41期
北海道岩見沢市に生まれる
札幌市立新琴似北中学校 卒業
北海道札幌北高等学校 卒業
北海道大学(北大)法学部 卒業
---------------------------------------------------
・平成元年 : 弁護士登録
・平成5年 : 前田尚一法律事務所 開設
・平成16年~ : JR札幌病院(旧)札幌鉄道病院 倫理委員会・臨床研究審査委員会各委員
・財団法人北海道暴力追放センター 元・暴力相談委員
・北海道大学法科大学院(ロースクール) 元・実務家教員
---------------------------------------------------
TV番組『のりゆきのトークDE北海道』(uhb フジテレビ系)、『どさんこワイド』(STV 日本テレビ系)、ラジオ番組『カーナビ午後一番』(HBC TBS系)などにいずれも多数回出演するほか、ニュース等にも随時出演。
『財界さっぽろ』、『北海道医療新聞』などの雑誌、新聞の連載を担当。
---------------------------------------------------

高校3年生当時

弁護士になろうと思った
きっかけ

受験と網膜剥離そして合格
司法修習

弁護士登録・就職・イソ弁

就職した弁護士事務所では、
取扱案件は、顧問会社を核に企業絡み
のものが大多数であり...

独立・真の解決の道へ

メディアにも掲載された先駆的な勝訴事例

札幌弁護士 前田 尚一の クライアントと一緒に勝ち取った代表的な実績

プロフィール

経営に必要な企業法務と知識について

勤務弁護士時代は、当時札幌・北海道では最先端の企業法務を取り扱う事務所に所属しておりました。新米の時期から担当する案件は、顧問会社等の企業関連のものが大多数でした。
業界独自のルール・常識を背景に、利害が複雑な局面で多くの人がで関っているといった、表面に出てこない実態を見ることができ、そのような局面での実戦経験を積むことができました。
独立後も、他業種・多様な業態の企業の顧問弁護士を務めてサポートしながら、先にご紹介した先駆的な勝訴事例のほか、多種多様の事案で、
視点を変えての対応を心がけながら、30年を超える実績・経験となりました。

企業、特に中小企業は、自社の独自性を基に必要なものを見極めてピンポイントで活動していかなければ存続することさえが難しくなっていくでしょう。そのために、弁護士からも、型どおりのサービスではなく、深い関係を構築しながら、それぞれの志向に合わせた個別具体的なサービスの提供を受ける必要があります。
SDGsESGなどに対する取組が確固たるものとされる今日、業が健全に事業活動を推進していくにあたり、法的な知識や知恵を備えていないために、不利益な待遇を受けることは、企業法務を取り扱う弁護士として非常に残念で悔しく感じます。社会が複雑化し,万人の権利意識が高まる中,経営者側も、実践的な法律の武装が不可欠です。無料で発信している内容も沢山ありますので、気になるものがあれば是非チェックしてください。

トラブル・紛争を未然に回避!発生したトラブル・紛争は極小化!
リスクマネジメントできていますか?今すぐチェック!

無料(メールアドレス等の登録なし)でダウンロードいただくことができます。》

分野別専門サイトのご案内

札幌の弁護士企業法務

大量生産,大量消費の時代は終わりを告げています。コロナ禍による予想を超えた社会の混乱・低迷は,これを加速させています。
そのような時こそ弁護士の専門性、経験値、最新情報の活用をお考えください。
企業のほか医療機関等非営利組織は,社会から,CSR活動どころか,正面から,SDGs(持続可能な開発目標),ESG(環境・社会・企業統治),の実践を要求され,顧客らからは,自分だけの価値を提供することを求められます。

企業は自身の独自性を見極めて活動していかなければ,その存続・発展は難しいでしょう。

したがって,弁護士が、経営者に型どおりのサービスを提供しても存在意義はありません。経営者が経営に専念できることができるよう,その独自固有の志向に合わせた最善の解決策を提供していく事が使命と考えています。
30年を超える経験と試行錯誤で裏付けられた実績と信頼に基づき,個別具体的なサービスを提供しています。まずは,当事務所の法律相談を活用され,自分にとって最適の弁護士かを見極めてください。

もちろん顧問弁護士のご依頼にも応じておりますが、現・顧問弁護士と消化不良・不完全燃焼となっている経営者の方には、手軽なセカンド顧問もご用意しております。セカンド顧問こちらから >>

専門サイトはこちらから>>

札幌総務問題専門サイト

労働法は、労働者に有利にできており、裁判所も労働者に有利に判断するというのが現実です。それだからこそ,紛争が発生すれば,被害を最小限に抑えて解決するためのスキルとノウハウが必要ですが,予防の観点から,今一度チェックをして弱点を拾い上げ,事前に対処されておくことをお勧めします。

労務問題・労使問題について,経営者が,その価値観を貫き,経営の論理で対処すれば,ブラック企業との汚名を着せられかねません。

そして,「働き方改革」の下,高まった権利意識がさらに変容している現在,構造的な「人手不足」を乗り切ることが困難となります。

しかしだからといって,労働紛争において,「早期解決」との美辞麗句に飛びつく拙速な妥協は,将来に火種を残すこととなり,全体としての企業経営をひどく阻害してしまいかねません。

労務問題・労使問題・労使紛争に対しては,時代の現実を踏まえた平衡感覚で対処することが不可欠です。

当事務所では,残業代請求、セクハラ・パワハラ問題、解雇・退職勧奨、メンタルヘルス問題の処理、団体交渉などの労働組合対応、労働審判などについて、使用者側・経営者側の立場で対応しています。

専門サイトはこちらから>>

札幌弁護士総合法律サイト

個人の法律トラブル・紛争の解決に注力したサイトです。

次の分野では,【無料】法律相談を実施し、そのうち、過払い金請求と交通事故については、【電話】無料相談に応じています。ぜひ,ご活用ください。

1 債務整理(過払い金請求・自己破産・個人再生・任意整理)
2 交通事故

解決事例、お客様の声を豊富に掲載しておりますので、ご自身の現状と合致するものが見つかると思います。現状を改善する為に、是非一度サイトへご訪問ください。

お客様の声>>
解決事例>>

専門サイトはこちら>>

札幌交通事故弁護士サイト

これだけは覚えておいて欲しい!
交通事故に遭っても, 保険会社と安易に示談をしないでください。

被害者なのに,予想外の事故に巻き込まれた上,示談金を値切られてしまうのでは,踏んだり蹴ったりです。

いつもそうなるということではありませんが,死亡事故につき,保険会社の提示額が6000万円弱であったものが,裁判を起こした結果,9200万円余りの支払を受けることができた事例や重度の後遺障害を負ってしまったのに,保険会社の残額提示額54万円というわずかの金額。しかし裁判を起こした結果,2300万円余りの支払を受けることができた事例もあります。

そのほか30年を超えて獲得した多数の実績をご確認いただいた上,まずは,電話での無料・法律相談を活用してください。解決事例>>

専門サイトはこちらから>>

新着記事