札幌市中央区南1条西11-1コンチネンタルビル9階
地下鉄東西線「西11丁目駅」2番出口徒歩45秒

納得させる巧みな文章

私の場合ですと、

識者が、新聞一面の3分の2を占めて解説し、
最後に、次の引用のとおりまとめてあるコラムについて、
途中のたくさんの説明をどのように読めば、勉強になり、役に立つのか、

とても戸惑ってしまいます。

中国との間でどのようなことが起きても、最後にこの引用部分でまとめれそうです。
東大現代文対策といった場面の例文のようです。

(以下引用)
「有事を防ぐためには日本は防衛力強化を図りつつ、
戦略的コミュニーケーションを通じて中国と危機認識を共有する必要がある。
同時に、強制力のある国際ルールを共有し、
互いの行動予測可能性を高めることが相互利益につながる。
ルールに基づく関係構築を働きかける現実激な外交が肝要だ。」
(引用終わり)

 

ちなみに、次の引用は、「行政手続法」という法律の目的を定めた条文ですが、個々の条文の内容を知らなくとも、うっかり分かったような気になるとても巧みな文章です。

(以下引用)
「第一条 この法律は、処分、行政指導及び届出に関する手続並びに命令等を定める手続に関し、共通する事項を定めることによって、行政運営における公正の確保と透明性(行政上の意思決定について、その内容及び過程が国民にとって明らかであることをいう。第四十六条において同じ。)の向上を図り、もって国民の権利利益の保護に資することを目的とする。」
(引用終わり)